大掃除のコツとは?

一言で大掃除と言っても、掃除する場所は家の中だけで無く庭や外周り等様々です。

住んでいる家の状況によって違いはありますが、年に一度の大掃除で掃除する代表的な箇所と言えば窓では無いでしょうか?

窓はガラス部分だけで無く桟の部分も掃除する必要があり、一年に一度の掃除となると砂や泥等の汚れが結構な量で溜まっている事が多いです。

この桟の部分の掃除とガラス部分の掃除をする際は、それぞれに適した天候があります。

まずガラス部分を掃除する場合は、雨が降った翌日の曇っている時に行うとベストです!

何故かと言うと、前日の雨で湿気を含んだ空気によって汚れが落としやすい状態になっている事、曇りなので太陽が出ておらずガラスに付着している汚れが見えやすい状態になっている事が挙げられます。

そして桟の部分を掃除する時に適しているのが晴れの日です。

砂や泥が溜まると湿気で落ちにくくなりますが、冬の晴れの日は湿度が低いので汚れも乾燥していて掃除しやすいためです。

ちなみに、100円ショップ等で売られているDIY用の刷毛で掃き出すと掃除もしやすくお勧めです。

掃除する場所によって天候の向き不向きがあるので、晴れの日はこの場所・曇りの日はこの場所…等、その日の天気に合わせて最適な場所を選ぶのが、大掃除のコツになります。

そのほかにも重曹やクエン酸などを使った方法がありますからこちらをご参考下さい。 ⇒大掃除

 

英会話の初心者におすすめしたいサイト

近年、英語を話せる人とそうでない人との間の収入格差が拡大しています。
英会話のスキルは、現代社会で活躍する上での必須スキルと言えるでしょう。

しかし、英会話を学びたいと思っても、何から始めれば良いか分からない方は多いのではないでしょうか?

アツトブログでは、プロの翻訳家であるアツトさんが、英会話の初心者におすすめの勉強法や教材を紹介しています。

例えば、英会話初心者はスタディサプリENGLISHの勉強が超絶おすすめ!という記事では、英会話の初心者におすすめできるスタディサプリENGLISHという教材が紹介されています。

月額980円と継続しやすい金額で英会話を学ぶことができるのは良い時代になったものですね。

アツトさんは、元システムエンジニアでもあり、TOEIC985の元SEが語る!システムエンジニアの英語勉強法という記事では、システムエンジニアにおすすめの勉強法についても語られています。

是非、チェックしてみて下さい。

ネット上に記載されているラルフローレンの本物と偽物の見分け方まとめ

ラルフローレンの本物か偽物かの見分け方のポイントを紹介します。

・首後ろのタグを縫い付ける際に生地と同系色の糸で縫うのが基本です。本物なら基本通りになっていますが偽物の場合タグを全く違った色の糸で縫っている場合がある

・ラルフローレンのタグと生産国のタグを離して縫い付けてありますが、偽物の場合ラルフローレンのタグと生産国のタグを一緒に縫い付けてある場合がある

・ラルフローレンの代名詞ポニーのマークが3Dのように非常に立体的に緻密に刺繍されているが偽物だと立体感がない

・馬の刺繍の脚の数が曖昧。実際に本物を見てみるとしっかりと4本の脚と小さなシッポが刺繍されていますが偽物はそのあたりがくっついてしまったりハッキリせずもたっとした馬になっています

・袖のナンバーの刺繍が非常に緻密で1枚の布を貼っているようだが、偽物は刺繍が雑で隙間が多く下地のカラーがナンバーから透けて見える

・シェル(貝)ボタンが付いていて一目で分かりますが、偽物の大半がプラスティックの安いボタン

・フィリピン産ははパチモノ天国です・・・路上の露天どころかフィリピンで全土展開している有名モールでも様々なブランドのコピーを売っているテナントが入っている

ネット上に記載されているラルフローレンの本物と偽物の見分け方まとめ