採用担当者必見!経費削減に貢献できる無料の求人サイトをご紹介

採用の担当をしている方であれば求人広告を何度も掲載したことがあるでしょう。 1回の掲載で十分な効果が出ることもあれば、数か月間掲載を続けたこともありませんか? 求人広告の掲載は決して安くありません。 とはいえ無料で掲載する手段は限られていますし、高い効果も見込めませんでした。

昨今、無料の求人サイトがかなり多くなってきているのはご存じでしょうか? インディードや求人ボックスという名前を聞いたことがあると思います。 今まで存在していた無料の求人サイトというのは利用者がほとんどいなかったため、掲載しても十分な効果が得られませんでした。 しかし、インディードは月間2600万人、求人ボックスは月間300万人という利用者がいるため、無料でも効果が見込めるんです。

ですが、無料の求人サイトでどうしても避けられないのが掲載が面倒くさいことです。 1つ1つのサイトでアカウントを作り求人広告を作成していくのは時間が掛かります。 ここでオススメしたいのは、こういった求人サイトに一括掲載できるサービスです。

有料の求人サイトであれば、掲載したときにインディードや求人ボックスにも一括掲載されることは多いです。 ですが、無料の求人サイトでも一括掲載できるサイトというのが存在します。 時間もお金も掛けられないけど求人は出したい、ということであれば利用してみてはいかがでしょうか?

無料で求人掲載

 

デマンドコントローラーならネオ・コーポレーション【エアコンなどの電気代対策に】

デマンドコントローラーはご存じでしょうか。
まだ知らない人も多いと思いますが、
電気代を節約したいのでしたら、
デマンドコントローラーの導入の検討をしたほうがよいでしょう。

そもそも、デマンドコントローラーというのは、
電気の使用量をコントロールするシステムをいいます。

電気の高圧契約では、当月を含む1年間で利用した電気の最大値が契約電力になりますので、この契約電力が高いと、その後1年間の電気の利用料がいくら低くても、契約電力の変更はされません。

ですから、デマンドコントローラーの主な機能である、
電気使用量をコントロールする機能を使うことによって、
この最大電力を設定値以上にしないことができるのです。

デマンドコントローラーを販売している会社は、
大手家電メーカーはもちろん、様々な会社から販売しております。

デマンドコントローラーのメーカーでおすすめなのが、
「ネオ・コーポレーション」になります。

ネオ・コーポレーションはほかの会社と違い、
デマンドコントローラーなどの電気機械の製造・販売を事業の主軸にしている会社ですので、専門性がありますので、
品質が良いです。

ネオ・コーポレーションのデマンドコントローラーは以下のネオ・コーポレーションの公式サイトで見ることができます。
デマンドコントローラーならネオ・コーポレーション【エアコンなどの電気代対策に】

 

<コラム・近年の住宅構造>
近年の住宅構造は、日本従来の畳が少なくなり、これに変わりフローリングが多くなりました。
その様式から、暖房方法も変わり、フローリングには床暖房が設置され、寒い冬でも足元がポカポカと快適に生活が出来るようになりました。

我が家も、コタツ要らずの生活が当たり前になり「冷えは足元から」と言うように、床暖房だけでも以外に暖かく過ごせています。
設定温度は18度、それでも暖かく汗ばむこともあるのが床暖房です。

「なんて快適な冬を過ごせる時代になったものでしょうか。」。
朝が早い主婦も、靴下を重ね履きしないでキッチンに立てることが嬉しそうです。
朝から晩まで床暖房が稼動しても、それ程の光熱費の影響が出ないというのが特徴です。
また、エアコンやファンヒーターのように、温風の吹き出し口がないので、乾燥の心配がありません。
これも、床暖房の特徴と言えるでしょう。

しかし、床暖房にも欠点があります。
床暖房は、その名の通り床(足元)だけの暖房です。
ストーブやエアコンと違い、周囲の空気を暖めることが出来ません。

床暖房には大きく分けて、ガス・電気・温水の様式があります。
どの様式に関しても、利点・欠点が伴います。
また、設置費用もご自宅の環境状況によって異なります。

床暖房の設置をお考えの皆様には、それぞれの特徴を十分にご確認されることをお勧めいたします。

 

地震対策はネオ・コーポレーションの感震ブレーカーがおすすめ

地震雷火事親父と言うけど、私は子供の頃1番怖かったのは火事だったのです。
子供の頃に大きな山火事を実際に見たりしたことだったり、ちびまる子ちゃんで永沢くんの家が火事で消失してしまうという悲しいエピソードを見たからその影響も大きいのだと思います。
でも大人になってからは火事は自分で気を付けていれば防ぐことが出来るということもあるので、地震の方が怖いですね。
けど地震によって引き起こされる火災もあるのでそれも怖いなと思います。
今感震ブレーカーという物が存在しているそうです。
感震ブレーカーという物がなんなのか分からなかったのですが、これは大きな揺れが起きることを感知すると、自動的にブレーカーを落としてくれるそうですね。
これを設置することで地震による火災を防ぐことが出来るそうで、東京の方ではいつか来る首都直下型地震に備えて義務化するべきという動きもあるようです。
東京だけではなく東海地震や東南海地震も起きるといわれているので、コレは全国で設置した方がいいのではないかと思います。
もし自分の家に設置していても隣の家が未設置でもらい火事をしてしまったら困ってしまいますからね。
あの巨大地震の揺れを経験したことある人なら分かると思いますが、ブレーカーを落としている心の余裕はなかなかないものです。

阪神淡路大震災のときも、地震による火災が問題になったことは記憶にある人も多いと思います。

地震はいつあるかわからないので、対策はできるうちにしっかりとしておくとよいでしょう。


感震ブレーカーの会社はいくつかありますが、
私が特におすすめしているのは「ネオ・コーポレーション」さんです。

ネオ・コーポレーションさんは1999年に創業した会社で、
感震ブレーカーの「CRS」は『Create Relief with a Seismic Device』の頭文字をとった商品で大変人気があります。

ネオ・コーポレーションの感震ブレーカーの情報は、
公式サイトが一番正確に載っていますので、
そちらを参考にするとよいでしょう。

ネオ・コーポレーションの公式サイトはこちら↓
地震対策はネオ・コーポレーションの感震ブレーカー