デマンドコントローラーならネオ・コーポレーション【エアコンなどの電気代対策に】

デマンドコントローラーはご存じでしょうか。
まだ知らない人も多いと思いますが、
電気代を節約したいのでしたら、
デマンドコントローラーの導入の検討をしたほうがよいでしょう。

そもそも、デマンドコントローラーというのは、
電気の使用量をコントロールするシステムをいいます。

電気の高圧契約では、当月を含む1年間で利用した電気の最大値が契約電力になりますので、この契約電力が高いと、その後1年間の電気の利用料がいくら低くても、契約電力の変更はされません。

ですから、デマンドコントローラーの主な機能である、
電気使用量をコントロールする機能を使うことによって、
この最大電力を設定値以上にしないことができるのです。

デマンドコントローラーを販売している会社は、
大手家電メーカーはもちろん、様々な会社から販売しております。

デマンドコントローラーのメーカーでおすすめなのが、
「ネオ・コーポレーション」になります。

ネオ・コーポレーションはほかの会社と違い、
デマンドコントローラーなどの電気機械の製造・販売を事業の主軸にしている会社ですので、専門性がありますので、
品質が良いです。

ネオ・コーポレーションのデマンドコントローラーは以下のネオ・コーポレーションの公式サイトで見ることができます。
デマンドコントローラーならネオ・コーポレーション【エアコンなどの電気代対策に】

 

<コラム・近年の住宅構造>
近年の住宅構造は、日本従来の畳が少なくなり、これに変わりフローリングが多くなりました。
その様式から、暖房方法も変わり、フローリングには床暖房が設置され、寒い冬でも足元がポカポカと快適に生活が出来るようになりました。

我が家も、コタツ要らずの生活が当たり前になり「冷えは足元から」と言うように、床暖房だけでも以外に暖かく過ごせています。
設定温度は18度、それでも暖かく汗ばむこともあるのが床暖房です。

「なんて快適な冬を過ごせる時代になったものでしょうか。」。
朝が早い主婦も、靴下を重ね履きしないでキッチンに立てることが嬉しそうです。
朝から晩まで床暖房が稼動しても、それ程の光熱費の影響が出ないというのが特徴です。
また、エアコンやファンヒーターのように、温風の吹き出し口がないので、乾燥の心配がありません。
これも、床暖房の特徴と言えるでしょう。

しかし、床暖房にも欠点があります。
床暖房は、その名の通り床(足元)だけの暖房です。
ストーブやエアコンと違い、周囲の空気を暖めることが出来ません。

床暖房には大きく分けて、ガス・電気・温水の様式があります。
どの様式に関しても、利点・欠点が伴います。
また、設置費用もご自宅の環境状況によって異なります。

床暖房の設置をお考えの皆様には、それぞれの特徴を十分にご確認されることをお勧めいたします。

 

地震対策はネオ・コーポレーションの感震ブレーカーがおすすめ

地震雷火事親父と言うけど、私は子供の頃1番怖かったのは火事だったのです。
子供の頃に大きな山火事を実際に見たりしたことだったり、ちびまる子ちゃんで永沢くんの家が火事で消失してしまうという悲しいエピソードを見たからその影響も大きいのだと思います。
でも大人になってからは火事は自分で気を付けていれば防ぐことが出来るということもあるので、地震の方が怖いですね。
けど地震によって引き起こされる火災もあるのでそれも怖いなと思います。
今感震ブレーカーという物が存在しているそうです。
感震ブレーカーという物がなんなのか分からなかったのですが、これは大きな揺れが起きることを感知すると、自動的にブレーカーを落としてくれるそうですね。
これを設置することで地震による火災を防ぐことが出来るそうで、東京の方ではいつか来る首都直下型地震に備えて義務化するべきという動きもあるようです。
東京だけではなく東海地震や東南海地震も起きるといわれているので、コレは全国で設置した方がいいのではないかと思います。
もし自分の家に設置していても隣の家が未設置でもらい火事をしてしまったら困ってしまいますからね。
あの巨大地震の揺れを経験したことある人なら分かると思いますが、ブレーカーを落としている心の余裕はなかなかないものです。

阪神淡路大震災のときも、地震による火災が問題になったことは記憶にある人も多いと思います。

地震はいつあるかわからないので、対策はできるうちにしっかりとしておくとよいでしょう。


感震ブレーカーの会社はいくつかありますが、
私が特におすすめしているのは「ネオ・コーポレーション」さんです。

ネオ・コーポレーションさんは1999年に創業した会社で、
感震ブレーカーの「CRS」は『Create Relief with a Seismic Device』の頭文字をとった商品で大変人気があります。

ネオ・コーポレーションの感震ブレーカーの情報は、
公式サイトが一番正確に載っていますので、
そちらを参考にするとよいでしょう。

ネオ・コーポレーションの公式サイトはこちら↓
地震対策はネオ・コーポレーションの感震ブレーカー

 

大阪ガスから関西電力の関電ガスにするならネオ・コーポレーションで

最近話題になってきているガス会社の乗り換えですが、
どこの会社に乗り換えたらよいのか迷ってしまいます。

もしあなたが関西地方在住でしたら、関電ガスがおすすめです。

関西地方では一般的に大阪ガスが利用されていますが、
実は大阪ガス以外にも選択肢はあります。

そこで今注目なのが、「関電ガス」なのです。

関西ガスは関西電力の関連会社ですので、
安心ですし、実はとってもお得なんです。

何がどうお得なのかといいますと、
関電ガスには、「なっトクプラン」というプランがあります
この「なっトクプラン」なら、ガスの使用量にかかわらず、
大阪ガスの一般料金に比較してお得になります。

その上、関電ガスと、関西電力の電気の契約をセットに契約すると、
ガス料金が割引になる特典もあるそうです。

ただ、ガス会社を乗り換えるにあたって、
ガス機器の交換が必要なのではと思っている人もいると思います。

ですが、関電ガスはガス機器の取り替え不要で乗り換えることができるんです。

今現在使っているガス機器がそのまま使えるのはうれしいですよね。

そもそもな話、関電ガスは大阪ガスのの導管網を使いますので、
ガスの品質には変わりがありません。


また、たとえガスにトラブルがあった場合であっても、
対応するのは、大阪ガスになります。

ただ、修理がガス機器の場合は、
「関電ガスサポート株式会社」と、その提携店の対応になります。

そのほかのポイントとしては、
切り替え費用や工事費用が掛からず乗り換えできるので、
そういったところも、関電ガスが人気の理由です。

関電ガスと契約は関西電力の正規一次販売代理店のネオ・コーポレーションの公式サイトからできます。


大阪ガスから関西電力の関電ガスにするならネオ・コーポレーションで

 


<コラム・>
今現在、一般家庭にて利用することができるガスの種類は2種類あり、
その一つは都市ガスで、もう一つは
LPガスになります。

都市ガスというのは、ガス基地からガス管を通って家まで直接ガスを届ける方法で、LPガスはガスが入ったボンベをそれぞれの家に設置する方法になります。

日本ではLPガスを使っている家庭と、都市ガスを使っている家庭が同じくらいあります。

LPガスの特徴としては、地震でガスが止まった場合でも安全性があり、
機器が無事であれば、すぐに復旧できるところにメリットがあります。

反対に都市ガスは、地面にガス管が埋まっているため、
災害時には、ガス管が安全か確認する必要があります。

そのため、復旧に時間がかかるというデメリットがあります。