大阪ガスから関西電力の関電ガスにするならネオ・コーポレーションで

最近話題になってきているガス会社の乗り換えですが、
どこの会社に乗り換えたらよいのか迷ってしまいます。

もしあなたが関西地方在住でしたら、関電ガスがおすすめです。

関西地方では一般的に大阪ガスが利用されていますが、
実は大阪ガス以外にも選択肢はあります。

そこで今注目なのが、「関電ガス」なのです。

関西ガスは関西電力の関連会社ですので、
安心ですし、実はとってもお得なんです。

何がどうお得なのかといいますと、
関電ガスには、「なっトクプラン」というプランがあります
この「なっトクプラン」なら、ガスの使用量にかかわらず、
大阪ガスの一般料金に比較してお得になります。

その上、関電ガスと、関西電力の電気の契約をセットに契約すると、
ガス料金が割引になる特典もあるそうです。

ただ、ガス会社を乗り換えるにあたって、
ガス機器の交換が必要なのではと思っている人もいると思います。

ですが、関電ガスはガス機器の取り替え不要で乗り換えることができるんです。

今現在使っているガス機器がそのまま使えるのはうれしいですよね。

そもそもな話、関電ガスは大阪ガスのの導管網を使いますので、
ガスの品質には変わりがありません。


また、たとえガスにトラブルがあった場合であっても、
対応するのは、大阪ガスになります。

ただ、修理がガス機器の場合は、
「関電ガスサポート株式会社」と、その提携店の対応になります。

そのほかのポイントとしては、
切り替え費用や工事費用が掛からず乗り換えできるので、
そういったところも、関電ガスが人気の理由です。

関電ガスと契約は関西電力の正規一次販売代理店のネオ・コーポレーションの公式サイトからできます。


大阪ガスから関西電力の関電ガスにするならネオ・コーポレーションで

 


<コラム・>
今現在、一般家庭にて利用することができるガスの種類は2種類あり、
その一つは都市ガスで、もう一つは
LPガスになります。

都市ガスというのは、ガス基地からガス管を通って家まで直接ガスを届ける方法で、LPガスはガスが入ったボンベをそれぞれの家に設置する方法になります。

日本ではLPガスを使っている家庭と、都市ガスを使っている家庭が同じくらいあります。

LPガスの特徴としては、地震でガスが止まった場合でも安全性があり、
機器が無事であれば、すぐに復旧できるところにメリットがあります。

反対に都市ガスは、地面にガス管が埋まっているため、
災害時には、ガス管が安全か確認する必要があります。

そのため、復旧に時間がかかるというデメリットがあります。

 

電子ブレーカーならネオ・コーポレーション

電子ブレーカーを探しているなら、『ネオ・コーポレーション』がおすすめになります。

ネオ・コーポレーションは自社開発の「N-EBシリーズ」という電子ブレーカーがあります。

ネオ・コーポレーションの電子ブレーカーなら毎月の電気代を大きく減らすことができます。

電気料金には大きく分けて低圧電力と高圧電力があります。
この内、低圧電力で多くの人は「負荷設備契約」をしています。
「負荷設備契約」というのは、電気の使用量にかかわらず、設置機器の台数により料金が決められるといった契約になります。

「負荷設備契約」の場合の多くは、基本料金が多くなってしまう場合が多く、
場合によっては、電気代の7割から8割近くが基本料金だったという場合もあります。

そのように、基本料金が電気料の大半を占めている場合には電子ブレーカーをおすすめしています。

ネオ・コーポレーションの電子ブレーカーですと業界問わず設置ができますし、なんと、導入費用がかからないんです。
もちろん、初期費用もかかりません。

ではどうやってネオ・コーポレーションが利益を上げているかといいますと、ネオ・コーポレーションは節約できた電気代の一部を会社の収益としています

顧客が損をしないように工夫されていますので、
累計販売台数が160000台以上もあるんだそうです(ネオ・コーポレーションの公式サイトに書いてありました)

電子ブレーカーのように、長く使い続けていく商品の場合、
会社の評判も重要になってきますが、
ネオ・コーポレーションは初めて電子ブレーカー業界で一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)に加盟した会社としても知られていますし、
関西電力の正規一次販売代理店でもあります。
その上、販売台数も160000台もある会社なので安心して契約することができるでしょう。


ネオ・コーポレーションの電子ブレーカーのサイトはこちら


電気って日常ではほぼ毎日使うにもかかわらず、
どのような契約になっているかや、
プランに複数の種類があるなど、
この記事を書くまで知りませんでした。
おそらく電気を使わない人はいないと思いますので、
料金に関する基本的なことは知っておいて損はないと思います。

 

ネオ・コーポレーションには紹介キャンペーンがあります

感震ブレーカーなどの商品で知られる、「ネオ・コーポレーション」さんですが、この度、紹介キャンペーンが開催されています。

ネオ・コーポレーションといいますと、「電気のコストカット」に関するサービスを提供している会社になります。

そんなネオ・コーポレーションが販売台数16万件を記念して、
ご紹介キャンペーンを開催しています。


ネオ・コーポレーションのキャンペーンは成約件数に応じてさまざまな豪華賞品がもらうことができます。

プレゼントは自転車やタブレットから、冷蔵庫、デジタルカメラ、ドローンやなど最新の電化製品のほか、豪華なものですと自動車もプレゼントの対象になっています。

ですので、ネオ・コーポレーションをご検討の方は、
この機会に紹介キャンペーンへお申し込みされるとよいでしょう。

ネオ・コーポレーションの紹介キャンペーンはこちら

 

<感震ブレーカーについて>
貴方はご存知ですか?地震発生後に起きる火災のナント6割が電気が原因だということを!
電気火災というと、普通電線のショートなどで起こるものと思われがちです。
例えば、電気ストーブやアイロンといった電気で熱を出す機器はすべて電気火災の原因に成りうるのです。
最も分かりやすい例が、電気ストーブです。
地震が発生、ストーブが倒れる、或いは可燃物がストーブに接触する。
住人はそうとは知らず、慌てて外に避難する。
やがてストーブから発火となります。
南海トラフ地震については此処で述べるまでも無いでしょうが、それより規模の小さい地震でも上記の様な状況になる事は十分にあります。
そこで国や地方自治体は「感震ブレーカー」の設置に乗り出しています。
感震ブレーカーとは何か?
震度5以上の揺れを感知した場合、自動で電気ブレーカーを落とし電気を止める事で先の例えの様な火災を防止するものです。
感震ブレーカーにはいくつかの種類があります。
配電盤に感震機能を内蔵したもの、感震機能を後から追加する外付けの物。ブレーカーに重りを繋ぎ揺れで重りが落下した時にブレーカーを落とす簡易タイプ。コンセントに差し込むタイプ、或いはまだ普及はしていませんが電気計量のスマートメーターを使い遠隔操作で電気を止めるタイプなど。
自治体により対応は様々ですが、簡易タイプを無償もしくは一部補助して普及を目指すところもある様です。
しかしこの対応に「待った」をかける団体があります。
配電盤内蔵、外付けタイプは感震後、一定時間ブレーカーを保持しますが、簡易タイプは感震と同時にブレーカーを落とし、電気を止めます。
地震が夜間に発生した場合、照明が一斉にに無くなり真っ暗。或いは避難のために照明を点けたくても点かない事態になります。
これはパニックを引き起こしたり、避難時に足元が見えないのは返って危険である、というのが「待った」の理由です。
こういった事を防ぐ為の物も有ります。
揺れを感知した時だけ照明がつくライトです。
簡易版非常灯です。
備え有れば憂い無しのことわざの様に備える事は決して無駄ではありません。