起業のしどきはいつなのか?

『いつかは独立開業がしたい・・・!』
そんなことを思いながらお仕事をされてる人は多いのじゃないでしょうか?

もっと経験を積んでから独立しよう!
もっと開業資金が貯まってから独立しよう!

そんな風に考えてる方も多いと思います。
では独立しどきはいつのなのか?
一つの目安としてお答えします。

『経験年数3年、求めている開業資金の半額が貯まった時』

この条件をオススメします。
経験年数3年ということはある程度の実務経験があり一通りの経験値があるので独立しても差支えがない。
開業資金の半額、これは残りの額を融資で賄おうという考えです。
融資で資金調達をし、失敗できないという背水の陣で起業する!ということを進めています。独立する前に沢山学ぶより独立してから学ぶこともできますので1日でも早い企業をオススメします!
そして起業の決意が固まったら次に事業計画書を作成しましょう。金融機関の担当者も納得するきちんとした事業計画書を作成し、融資の採択を得て、スムーズな開業を目指しましょう!

事業計画書 書き方はこちらが参考になります。

 

通販物流情報は最新のものを手に入れよう!

通販物流とは、ネット通販会社にとって、物流業務(入荷在庫管理・出荷)全てを任せる事によって、浮いた人・金・時間で、商品プロモーション業務(企画・販売)に集中することが出来るメリットがあるサービスです。繁忙期に、残業が多くなり、出荷要員を増やすなどの心配もなくなるからです。

ネット通販会社の商品を取り扱った経験が有るかないかという点です。商品の梱包などで、商品購入者からクレームがあってはならないし、場合によっては、社員を出向させて、研修・チェック等を行い、コストも余計に掛かる可能性があるからです。

複数店舗を経営しているネット通販会社にとって安心であるという点です。全店舗で在庫を一括管理・情報共有出来ますし、年2回の棚卸期にも、パソコン上のデータと実数が合わないなどの心配も必要なくなるからです。

やはり価格が、他社よりも少しでも安い通販物流サービス会社を選ぶという点です。お客様の立場からすれば、競合店がひしめく中で、在庫管理から梱包・出荷に至るまで、サービスは出来て当たり前・サービスに不手際があるはずがないというシビアな見方をしてくるからです。

大型サイズ商品等により在庫の保管スペースが足りなくなるという点です。受注が大量に増えて、対応しきれなくなる怖れもあり、又新たに保管スペースを探す事になった場合、近場で見つからない可能性もあり、コストも余計に掛かってしまう可能性もあるからです。

 

通販物流サービスを選ぶ際は慎重に♪

通販物流サービスは、ネット販売をしている企業の在庫管理、配送手続き、配送、報告書作成などをまとめて管理して物流を行うサービスです。その上、それに係る費用は、まさかの570円からという配送サービスの値段で賄うことができます。

通販物流サービスを比較検討する上での最重要な点は、もちろん、きちんと責任をもって仕事を任すことが出来るということです。なぜならば、1度でも品物の配送を頼んだ会社の品物がきちんとを届けることが出来なければ、その会社の信用は失われてしまうからです。

通販物流を行う上で大切なことは、在庫が見えるようになることです。なぜならば、在庫確認が早く時間をとらずにパソコンできれば、在庫を見に行かなくても良いからです。 つまり、アウトソーシングしながら在庫確認が出来るということです。

通販物流をしている会社を選ぶ際に、最も重視すべき点は時間のロスを少なくして確実に仕事を行ってくれることです。その他にももちろん他の事務的な内容も代行してもらえるならば会社としては、人員の削減にもつながり、より、効率的に会社運営を行うことができます。

ネット通販の会社がの課題は、顧客の管理です。なぜならば、1度購入してくれたお客様は、その品物を必要としていると言う点があるので、継続して商品を購入することが多く見られるからです。ですから、スムーズに間違えなく品物が届くことが大切です。